免疫療法で副作用を抑えられる|ガンをあきらめない

医者

がんの診断と治療の選択

女性

日本でがん患者は右肩上がりですが、がん治療実績も年々上がってきています。進行がんの治療に用いられる抗がん剤ですが、副作用がある治療法でもありました。そこで最近では、分子標的薬での治療効果が上がってきています。

Read More...

各治療法の効果

医師たち

胆管がんに対して最も有効な治療法は手術による幹部切除です。放射線は効きが悪く、抗がん剤に至ってはほとんど効果がありません。胆管がんの予防には肝臓を健康に保ち、コレステロールの調節がきちんと出来るようにしておくことも重要です。

Read More...

病気を防ぐために

院内

体調管理のために、大きな病気に備えておきたいと考える方もいるでしょう。そんな時には、專門の情報サービスを利用して、平野区の病院で予防接種を受けてみることをオススメします。気になる病気の対策を素早くすることができて安心です。

Read More...

ガン治療の第4の治療法

免疫療法を取り組みたいけれど方法がわからない人は多いでしょう。成果を確実にあげたいと思っているならこちら!

副作用を抑える効果

女性

ガンの治療法は外科手術、抗ガン剤治療、放射線治療がメインです。この3大療法に新しく加わったのが免疫療法です。当初は免疫療法を認めない病院が多かったのですが、最近はガンの第4の治療法として人気を集めています。免疫療法が人気を集め、導入する病院が増えてきたのは他の3大療法にはない効果があるからです。3大療法はガン細胞を直接攻撃して治療するのですが、免疫療法な人間がもともと持っている免疫機能を高めてガンに負けない身体を作る効果があるのです。ガン治療では外科手術で摘出できない場合は抗ガン剤や放射線で治療をしますが、その時の副作用によって体力的に弱くなってしまうことが多いのです。その時に免疫療法を併用すると副作用を小さくすることができます。それが免疫療法の人気になっているのです。

再発と転移を防ぐ効果

人間の身体の中には誰でもガン細胞が発生しています。だからといって全員がガンになるわけではないのです。それは人間が生まれつき持っている免疫力によって、ガン細胞の増殖を防いでいるからです。免疫療法が注目されているのは、この免疫力の持っている力なのです。免疫療法の最大の特徴は誰でも体内に持っている免疫力を高めて、病気に対する抵抗力を強めることができる点です。免疫力を強めることによってガンの再発や転移を防ぐことができるのです。ただし因果関係が明確にできないために、未だに免疫療法を採用していない病院もあるのです。治療法がなくなった末期ガンの患者の多くが免疫療法を行いますが、実際にガン細胞と共存して延命している患者もたくさんいるのです。この効果は誰もが認めるところです。